So-net無料ブログ作成

お気に入りの本屋さんがいつの間にかなくなってた・・・の巻 [文学]

正確に言えば、書店丸ごと他の経営母体に譲ったようで、本屋そのものはそっくりそのままあるのだけれど

自分の家から徒歩圏内にある大型書店は、目黒駅ビルの「有隣堂」、五反田駅前の「ブックファースト」「明屋書店(最も早く4年前に閉店)」「あおい書店(今年1月に閉店)」「あゆみBOOKS」と5店舗あったが、自分は不動前に引っ越してきてから、ずっと桜田通り沿いの「あゆみBOOKS」がお気に入りだった(たまに目黒の有隣堂)

00000000000000175449_0000002270_3.jpg

五反田駅から家に歩いて帰るときのルートにあることも大きいけれど、あそこの本屋に流れる空気感というか、居心地の良さって、他店に比べて群を抜いていた(あくまで自分にとってだが)

そして、この店のブックカバーのデザインのセンスがとても好きだったことも、お気に入りの理由のひとつ

IMG_0900.jpg

さて、先月末、村上春樹の「翻訳ほとんど全仕事」を仕事帰りに買って、カバーをお願いしたら、あれ、今までと全然違う、シンプルというか、なんだか味気ないデザインに変わっていて、「そっか、書店も経営が厳しい時代だから、少しでもコストを下げる努力しなくちゃなんないんだろうな」と、ちょっと残念に思い、店を出てバッグに入れる時にふと目に止まったのが「TSUTAYA BOOKS」の文字?

IMG_0901.jpg


ふと目を見上げると、店の看板が「あゆみBOOKS」ではなく「TSUTAYA BOOKS」になっている・・・

ネットで調べると「あゆみBOOKS」は昨年末あたりから店舗を整理していて、五反田店もその対象になってしまったようであった
できる限り自分はモノは店舗で買うようにしているのに、こうしてお気に入りの店がなくなってしまうなんて、なんだか自分の力が及ばなかった気分がして、申しわけなさがつのる(HMV目黒店が閉鎖したときも、同じ心境だった)

でも、同じ今年閉店の近くの「あおい書店」が完全閉店なのに対し、こちらは店に入ってもまったく気づかなかったくらい店内は「あゆみBOOKS」の頃と変わっていなかったので、このままあの空気感を壊さないで、ツタヤに営業を続けてほしい、切に願います

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: